2012年07月17日

見えないコストの節約(ネットオフ宅配買取)

銭無ノーマル.gif

和尚、古本屋CD売り行くのにいいとこないッスか?
1軒1軒まわってどこが一番高く買ってくれるか調べて見ようかと思ってるんッスけど。

金尾ノーマル.gif
そんな時にはネットオフの宅配買取サービスを使うのじゃ。
他にも自宅まで取りに来てくれる業者の利用も便利じゃぞ。
単に便利なだけでなく見えないコストの削減にもなる。
まず1つに交通費。車で運んで売りに行くと必ずかかるのじゃ。たとえば往復20分かかったとしたらおそらく200〜300円の輸送コストがかかる。
2つ目に買い取りの待ち時間。これが30分から1時間ほどかかる。
自分の給与から計算して1時間いくら稼げるのか考えてみる。
たとえば自給1500円稼げる人なら待ち時間でそれだけ損をしておる計算になる。
これで売った額が1000円にも満たないなら実は売りに行くコストで収支はマイナスになってしまうのじゃ。
おぬしのように何軒もまわると高く買い取ってもらった差額よりも見えないコストのほうが何倍もかかってしまって損をしている計算になる。
ここまで言うとなぜネットオフの宅配買取サービスのほうがよいかがわかるじゃろう。

銭無ノーマル.gif

たしかに和尚の言う通りだと思うッス。
だが時給計算すると600円ほどの俺は売りに行っても失うものは少ないッス。
だから行ってきます。

管理人より
私自身は古本など一概に買い取ってもらいに店舗に行くのが無駄とは思いません。
中古本やCDなど見るのが好きなので待ち時間も苦にならないからです。
しかし、そんな時間を楽しめないなら宅配買取や自宅まできて買い取ってくれるサービスなど利用して見えないコストの節約をしたほうが良いと思います。
見えないコストを意識しながら自分自身にとって何が大切か考えながら選択する習慣をつけるとスマートな人生が送れるのかなと思います。

posted by 管理人 at 22:40| 独身向け節約メンター 金尾溜朗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。